FPGAソリューション・EDA・電子部品・技術商社

CAST社、組込システム向けロイヤリティフリー32ビットBA22プロセッサコアをリリース

Posted:2012.01.16
Share

IPプロバイダである米CAST社は、Beyond Semiconductor社設計のIPとして新しい32ビットプロセッサのIPコアBA22設計を出荷しています。
32ビットパイプラインアーキテクチャにより50MHz~300MHz 超の動作周波数で1.41DMIPS/MHzのスピードをもたらします。
回路規模は12K~38Kゲート、65nmノードでの消費電力は0.023 mW/MHzです。
業界最高水準のInstruction Set Language (ISL)により16, 24, 36, 48, あるいは64ビット長の命令文の最適化にも寄与します。
コンフィギャラブルなBA22プロセッサは、キャッシュおよびメモリマネジメントユニット、32までの一般用途レジスタ、浮動小数点
演算処理、パワーマネジメントユニット、インタラクティブJTAGデバッグ機能を含みます。

3バージョンのプリコンフィギャBA22プロセッサが現在出荷されています。
①BA22-BASE (Basic Deeply)、詳細はhttp://bit.ly/cast-ba22base.
②BA220ADV(Advanced Deeply) 、詳細はhttp://bit.ly/cast-ba22adv.
③BA22-AP (Application Processor)、詳細はhttp://bit.ly/cast-ba22ap.

販売開始予定 2012年第1四半期現在すでにリリース済み