FPGAソリューション・EDA・電子部品・技術商社

米CAST社、Fast JPEGエンコーダコアがFastec社の TS3ハイスピードカメラに採用

Posted:2012.05.28
Share

ファステックイメージング社はCAST社のJPEGエンコーダIPコアを草分け的な商品となる自社のハンドヘルド型高速カメラTS3?シリーズに採用しました。(Woodcliff Lake, NJ, March 6, 2012)

CAST社の長年に渡るパートナーであるAlma Technologies 社が開発したこのIPコアは、 JPEGコア圧縮技術をベースとした、現在利用可能で最も高速なJPEGエンコーダコアのひとつです。
(http://www.cast-inc.com/ip-cores/images/jpeg-e/index.htmlを参照してください。)

このIPコアが採用されたことでファステック社の高速デジタルカメラTS3シリーズでは、500fps(frame per second)で1280 x 1024ピクセルの画像、あるいは1250fpsで800 x 600ピクセルの画像をキャプチャする強力な機能が実装されました。

ファステック社の主任FPGA設計技術者のBob Sefton氏は、「IPコアの品質に加え、CAST社が私たちの成功に向けて並々ならぬ決意を見せてくれたことが、高速デジタルカメラの草分け的な商品となったTS3
をオンタイムにそしてオンスペックで商品化することの手助けとなりました。そのJPEGエンコーダIPコアの優れた機能と性能は仕様書通りであり、システムへのインテグレーションはCAST社のテクニカルサービスを必要としない程に容易でした。」と述べています。

このJPEGエンコーダコアはJPEG標準規格のBaseline Sequential DCTモードをサポートし、静止画およびモーションJPEG動画をキャプチャするのに適しています。この第3世代のIPコアは65nmプロセスで最大750メガサンプル/秒の超高速JPEG圧縮技術を提供しています。そして低価格FPGAへの実装が可能なコンパクトサイズなIPコアです。またビットレート制御オプションはバンド幅に限定があるアプリケーションにとって大きなメリットをもたらします。

Alma Technologies社の製品技術担当副社長の Spyros Theoharis氏は「当社はファステック社のような先進的なお客様がJPEGエンコーダを設計する場合のアプリケーションを想定しています。そして今後もっと
いろいろなお客様が私たちのコア技術とCAST社のサポートを利用し、新たな素晴らしい商品がリリースされるのを楽しみにしています。」と述べています。

このJPEGエンコーダIPコアは 、CAST社が提供するイメージ&ビデオIPコア製品ポートフォリオのひとつです。
詳しくは次のCAST社ホームページ(英語)よりご覧下さい。
(http://www.cast-inc.com/)
国内でのお問い合わせはプロトタイピング・ジャパン株式会社まで。

TS3 is a trademark of Fastec Imaging Corporation.
CAST is a trademark of CAST, Inc.
CAST, Inc., 11 Stonewall Court, Woodcliff Lake, NJ 07677 +1 201.391.8300